(株)CTSのブログ
(株)CTS 車に関するブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L150Sムーブ
L150Sムーブ 電動ファン作動温度 診断機温度で98度で作動95度で停止
スポンサーサイト
L900系ムーブでバッテリーのランプが点灯!
L900ムーブが走行中にチャージランプ点灯。
EFエンジン 走行15万キロ程度

ダイナもベルト切れが疑われましたがなんとクランクブーリーの破損!


EFプーリー1
左がL900のクランクプーリー右がL600ムーブのクランクプーリー
EFプーリー1
右側のL600系ムーブのプーリーはすべて金属
EFプーリー1

L900系のムーブは振動を抑えるために金属と金属の間にクッション剤が入れてあるようでそこが
分離して充電不可能な状態になりました。

今回は、L600系ムーブのすべて金属製のクランクプーリーを移植して修理しました。
問題なく取り付け出来ました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。